【FRAY I.D】ポイント20%還元+クーポン対象

1986年生まれ・アラサー主婦のファッション遍歴!(10代〜30代までの記録)

ファッション情報ブログを運営しているので、たまには自分のファッションについても少し語ろうかと思います。

趣味=洋服な、アラサーヤキフグのファッション遍歴について、ぜひお付き合いください!

ヤキフグのファッション遍歴(10代〜)

小学校高学年。ファッションのお手本はあの人気ダンスアイドルグループでした♡

ファッションに興味を持ちはじめたのっていつだろう??と振り返ってみると、ざっくり思い出すと小学校5年生頃かなぁ・・・と。

当時、自分と同世代である超人気ダンスアイドルグループ「SPEED」全盛期でございまして。かくいうわたしも、SPEEDの大ファンでした😘

1st、2ndアルバムは何度聞き返したことか・・・。アルバムについているブックレットがビリビリのボロボロになるくらい、聴き倒しました(笑)


Starting Over [ SPEED ]

そんな大好きなSPEEDのストリートファッションを当時は真似してましたね〜。小・中学生の間ではかなり人気のファッションだったと記憶しています!

具体的には、こんな感じ↓のガチャベルト+膝丈ワークパンツの組み合わせに、トップスは当時流行りのちびT(笑)

DICKIES ディッキーズ GIベルト GI キャンバス ガチャベルト メンズ DS0741I DS0754I DS0558I 定形外郵便発送

ラインの入ったおしゃれジャージなんかも流行りました😊

中学生時代は「女の子っぽさ」にも憧れはじめた!

中学に入ってからは、好きな男子が出来たり・・・と恋愛に憧れる年頃になり、ファッションも少しずつ女の子っぽくなっていきました。

ワークパンツ、カーゴパンツではなく、カジュアルながらも水玉スカートとか花柄スカートとかも選ぶように😘

で、この頃は当時地元で大人気だった「SUZUTAN創業祭」で年に1〜2度、ドカッと買い物していました。

 

SUZUTAN創業祭とは、かつて全国の小・中学性をメインターゲットに一世を風靡したヤングファッションブランド「SUZUTAN」の大バーゲンセール。(詳しくはWiki参照)

日本ガイシホール(旧レインボーホール)で2012年まで毎年6月に開催されていました。↓こんな感じで、ホールいっぱいの服&人…!!

 

 

今でこそファストファッションがいつでも手軽に買える時代ですが、当時は今みたいにGUとか無かったので、こういうバーゲン時に買いだめしてたんですよね。

私が参加したのは1998年〜2001年くらいの数回だと思いますが、毎年楽しみにしていた大イベントでした!懐かしい。

中学3年間は塾に私服で通っていたこともあり、洋服も一段と気にするようになりましたね。ちなみに、小物(バッグなど)については、姉の影響でヴィヴィアン・ウエストウッドが好きでした。

リスさん

当時人気絶頂のGLAYのJIROがヴィヴィアン好きで、真似ていた人も多かった気がする!

 

もちろん中学生の私に買えるものではなく(笑)、高校生の姉のお下がりなどをありがたく使わせてもらっていました♪かなりラッキーでした😚

ヤキフグ

当時は原宿系・パンク系ファッションが人気の時代。雑誌でいうと「CUTiE」「Zipper」。ブランドでは「SUPER LOVERS」なども人気でしたね。当時人気のアーティスト(JIROやYUKIちゃん)の影響も大きいですね!

高校生時代は、好みが色々と変遷しました(笑)

高校1年生、ちょっとギャルっぽい感じに憧れた頃(笑)オフショルやワンショルが流行っていて、初めてオフショルの服も買った記憶があります。と言っても肩は出さずに着てたけど(笑)

雑誌のSeventeenも読むようになり、モデルのえみちぃ(鈴木えみ)にめ〜っちゃ憧れました😘

高校3年生頃になると、とにかく「大人っぽい」ファッションに憧れ始めました。いわゆるコンサバ系(当時はお姉系と言われてましたが)ですね🙌

装飾のほとんどない、シルエットの綺麗な白のタイトワンピースとか、白シャツ+タイトスカートとか、ホルターネックのブラウスとか、きれい目なファッションを着てました。

大学生時代は徐々にカジュアルも。

大学生時代も、始めは引き続きコンサバ系ファッション。大人っぽいファッションだと老けて見えるのか(笑)、大学で新しく出来た友達にはアネゴと呼ばれました。

ヤキフグ

篠原涼子さんのドラマ「Anego」が好きなので、そう呼ばれるのは意外と嫌ではなかった😏

しかし、影響を受けやすいわたし・・・当時付き合いはじめた彼が、結構カジュアルめな服装を好む人だったので、どんどんカジュアルも好きに。

サルエルパンツとか、チェックシャツとか。本当影響受けやすいです。

芸能人だと、当時大人気の大塚愛みたいなファッション。

画像引用元:livedoor news

ヤキフグ

大塚愛のファッションは、カジュアルなボトムスにパフスリーブのTシャツとか、体のラインの出る細身・コンパクトなトップスがよく合わせられてました♪

カジュアルだけど女の子っぽい。

・・・と、以上が10代〜学生時代まで!

特に「このブランドが好き!」と言うのはほとんど無くて、お金も無いし、ノーブランドでもいかに自分の好きなテイストのものを選ぶかを重視していました。

ヤキフグのファッション遍歴(社会人編)

20歳はわたしにとって、人生の岐路でもあったのですが(2年半付き合った彼と別れる。大学中退する。実家に戻る。)・・・ここでまたまたファッションも変わっていきました。

21歳、散財時代。とにかく服が欲しい!!

アクセサリー・ジュエリーの販売員になり、職場の周りにはおしゃれなアパレルショップがたくさん。フルタイムで働くことでまとまったお給料も入るようになり、ファッションにお金を注ぎ込むように。

「洋服が好き!」と心から思い始めたのはこの頃かな?

21歳、現在の夫と付き合いはじめ、夫の好みも意識して服を選ぶようになりました。結婚するまでは遠距離恋愛だったので、たまに会える時には毎回違う服を着ていたかったし、可愛いって思われたいと日々洋服探し。

ヤキフグ

今思えば、毎回違う服じゃ無くても全然良かったと思うんですけどねぇ。「着回し」と言う観点はこの頃持ってませんでした。とにかくたくさん服が欲しい!!みたいな(笑)

仕事の休憩時間には気になるショップへ行き、パパッと買い物してしまうことも多かったです。「服欲しい」から来る、まさに衝動買い。

まだまだ自分に似合うファッションも分かっていなかったし、「可愛い!欲しい!」直感で買ってしまって後から後悔。。もかなり多かった。

遠距離の交通費と洋服代でお給料は消え、常に貯金はゼロ。(今となっては良い思い出です)

この頃好きだったブランドは、シャーロットロンソン、スマッキーグラム、マウジー、オゾック、セシルマクビー、イング、ViS、プロポーションボディドレッシングなどなど。

夫とは付き合って約9ヶ月で結婚したので、結婚後もしばらく服の趣味は変わらず。22、23歳頃になるとLODISPOTTOなどのフェミニンなブランドも買うようになりました。

24歳。「ちゃんとした会社」で働き出して、OL服に。

24歳からは、いわゆるオフィスワークに転職をして、オフィスカジュアルを意識しなければ行けなくなりました。

最初の1年くらいは結構ゆるゆるだったのですが(デニムもOK。人によってはマキシスカートで着てる人もいたくらい)、途中でデニムNGになり少しだけ厳しくなりました。

持ってるボトムスが、デニムかショートパンツか・・・しかなかったので、当時はこのタイミングでボトムスを新調しましたね〜。ギンガムチェックや、無地のカプリパンツなど揃えて、トップスはアンサンブルと言う組み合わせが多かったです。

雑誌はCancamMOREあたりを参考にしてました。

<25歳の頃のコーディネート写真>

当時一番好きだったブランドは、Ferouxです。上のコーディネートにも何着かFerouxの服が登場してますが、清楚な感じと適度なカジュアル感が、この頃のわたしにはちょうど良かったです。

この頃からフェミニン系の洋服が大好きで、Apuweiser-richeRirandtureレッセパッセWILLSELECTIONなども買うようになりました。

当時のお気に入りアイテム

アプワイザーリッシェの花柄ブラウス

アプワイザーリッシェの花柄ブラウス

Ferouxのドットプルオーバー

Ferouxのドットプルオーバー

レッセパッセのぺプラムブラウス

レッセパッセのぺプラムブラウス


26歳頃まではキュロットやカプリパンツが好きで、27歳頃からスカートも好きに。年齢を重ねるごとに、前は似合わなかったアイテムを着こなせるようになったりして、うれしく感じました😌

27〜29歳。「ちょっとお姉さん」に憧れる。

20代後半になると、毎年「前の年のスカート丈が短く感じる」現象が発生しました。
不思議なもので、本当に自然に、自分で違和感を感じはじめるんですよね。

毎年、買うスカートの丈が2cmずつ長くなる感じです(笑)

27歳→45cm、28歳→47cm、29歳→49cm・・・

そのため、今まで好きだったブランドのお姉さんブランドがしっくりし始める。

  • Apuweiser-riche→JUSGLITTY,Mystrada
  • レッセパッセ→Debut de fiore
  • Feroux→anySiS

と言うような感じで、一番好きなブランドも変遷していきました😘

好きなテイストやサイズ感はそのまま、着丈はちょっと長めで年相応!と言うベストな立ち位置です。

ネット通販を利用することが増えて、サイズ感の分からないブランドだと失敗することが多かった為、いつも買うブランドでばかり買っていました。(主にアルページュ系列)

<29歳の頃のコーディネート>


年相応だけど可愛い、可愛いけど大人っぽい
、そんなファッションが好きになりました。
アラサーになってからの雑誌は、Anecan、andGIRLがメイン。

ヤキフグのファッション遍歴(30代〜)

30代に入ってから、ブランド縛りがなくなった3つの理由

20代までは、好きなブランドの中で、好きな服を買う・・・と言うスタイルだったわたし。

30代に入ってからは、ブランドへのこだわりが、良い意味でなくなりました

理由は3つ

1つ目は、30代だからこそ「シンプル」が似合うようになったこと😆

フェミニン系のブランド(Apuweiser-riche、JUSGLITTY、Debut de fioreなど)は可愛いけれど、甘いデザインが「う〜〜ん・・・」と合わなく感じることが増えました。

それによって、よりシンプルだけど質の良いアイテムを求めるように。ROPE、TONAL、green label relaxing、アーバンリサーチ、COLLAGE、そしてプチプラファッションのユニクロなどもチェックするようになりました♪

好きなブランドはもちろんチェックするけれど、「アイテムそのもの」を見て買い物したいなぁと思うように変わってきました。

参考にしている雑誌も、Oggi、VERY、CLASSY、steady.などに変わっていきました。

ピンキーアンドダイアンのブラウスに、INDIVIのスカートのコーデ

2つ目の理由は、ネット通販に慣れて、サイズ選びが上手になったこと。

知らないブランドでも、サイズ表を見て自分に合いそうか判断できるので、選択肢が増えました。

リスさん

確かに最近のネット通販はサイズ表示も細かくて、以前より選びやすいよね!

このサイズ選びの部分はまた記事にしたいなぁなんて思っていますが、たくさん失敗もした分、サイズ感が養われてきたのは、自分にとって本当に収穫でした♪

3つ目の理由は、ファッションレンタルの活用で視野が広くなれたこと

今までに、メチャカリ・エアークローゼット・エディストクローゼットと、3種類の洋服レンタルサービスを利用してきました。いろんなブランドのアイテムを見る中で、自分が知らないだけで品質の良い洋服を展開しているブランドってこんなにあるんだ!!という発見に♪

30代主婦のエディクロ体験レビュー/ゴールドプラン30代主婦のエディクロ体験レビュー!ゴールドプランで使ってみた感想

今まで、ブランドネームで服を買ってしまってたんだなぁと気づきました。安くて良いものもたくさんある時代、本当に欲しいものを見極めて買いたい!と思うようになりました。

ヤキフグ

断捨離すると毎回反省点が浮かびます。まだまだ失敗も多いけど、心から大好き!っていうアイテムに出会えた時はやっぱり幸せ♪

今後はどうなる?!Myファッションの方向性

・・・自分でも驚くほど、好きなファッションテイストが変遷してます(笑)

でも、割とオーソドックスなタイプかな。同じ同じ〜!って言ってくださる同年代の方も多そうな気がします♪

そして現在の好きなファッションは、「きれいめシンプル」。雑誌ではやっぱりOggiが一番しっくり。

30代からは大きくは変化していませんが、特に好きなブランドは、JUSGLITTY・TONAL・EMMEL REFINES・ROPE・green label relaxing・ロートレアモン・BOSCH・laTOTALITE・YECCA VECCAなど♪

どのブランドもアラフォーまで好きなままな気がします(笑)

今後もっと好きになっていきそうだなぁという予感がしているのは「スタイルデリ」や「Liala×PG」などのアラフォー世代の女性が手掛ける服。体型カバーなどの細かい部分がデザインに盛り込まれていたり、そんなに高いブランドでは無いのに品質にこだわっていたり、メリットがたくさんなんですよね。

今後は、ファッションテイストはおそらく変わらずですが、コスパも重視したい!
お金をかける部分・プチプラで賄う部分などのメリハリをつけて上手にファッションを楽しみたいと思っています。

ヤキフグ

ご静聴ありがとうございました!!

リスさん

長かった〜!(笑)